Lynx20leaf 株式会社リンクス

Rubyfixerlogobig



ルビフィクサーの特徴

ルビフィクサーは、Adobe InDesignのルビ機能を強化するプラグイン製品です。

モノルビ対応の自動ルビ振り機能やパネルによるルビ編集機能などを搭載し、InDesignでのルビ編集操作を大幅に向上させます。

自動ルビ振り機能

選択範囲またはドキュメント全体に対して一括して自動で漢字にルビを振ることができます。 優先して適用するルビの種類を環境設定で指定できます(適用済みのスタイル、グループルビ、モノルビ、親文字1字ごとのモノルビ)。 モノルビ優先を指定した場合は、読みがなを親文字1字ごとに分割可能な漢字にはモノルビを振り、分割できない漢字にはグループルビを適用します。

専用パネルで楽々ルビ修正

ルビフィクサーの専用パネルで、ルビ文字、ルビの種類(グループルビ、モノルビ、親文字1字ごとのモノルビ)を編集できます。 自動ルビ振り機能で希望どおりのルビが振られなかった場合や、部分的にルビを振る時に重宝します。
ルビが振られていない漢字を選択すると、ルビの候補が表示されます。プルダウンメニューから他のルビ候補を選択し適用できます。 ルビの候補は、前後の文脈を考慮に入れて生成されます。「次の漢字」と「前の漢字」ボタンで、ルビの振られていない漢字を次々と検索し、ルビを確認しながらルビを振ることができます。

Rubyfixerpanel

既にルビの振られた漢字を選択すると、適用済みのルビが表示されます。 必要に応じてルビやルビの種類などを変更したり、複数のルビの範囲を一つに統合したり、一つのルビを二つに分割することなどができます。 「次のルビ」と「前のルビ」ボタンで、ルビを次々と選択しながら修正を行うことができます。

Combineruby       Splitruby


インライン入力時のかな入力で自動ルビ振り

日本語入力システム(IME)でのインライン入力の際に、入力した読みがなで漢字にルビを振ることができます。 テキスト入力時にキーボード入力と同じルビが振られるので効率的です。環境設定でこの機能のオン/オフが可能です。

グループルビからモノルビへの一括変換

選択範囲またはドキュメント全体に対して一括してグループルビをモノルビに変換することができます。 モノルビへの変換の際にはルビ文字を親文字1字ごとに空白文字で分割します。 Wordから読み込んだルビをモノルビに変換する場合に便利な機能です。 パネルで個別に変換することも可能です。

親文字1文字ごとのモノルビにも対応

熟語単位に振られたモノルビを親文字1文字単位に分解したり、1文字単位に振られたモノルビを熟語単位に合成することができます。 EPUB書き出しなどで、ルビ文字内の空白文字が出力されるのを回避したい場合などに便利な機能です。

親文字の部分削除からルビを保護

InDesignの標準機能では、親字を1字でも削除するとルビ全体が失われます。 ルビフィクサーは親字の部分削除を検出すると、ルビが失われる前に自動的に1文字ごとのモノルビに分解してルビ全体の消失を防ぎます。 親字を異体字に置換する場合にもルビの消失を防ぎます。 環境設定でこの機能のオン/オフが可能です。

Deleteruby

ルビ範囲の表示

ルビの範囲を表示する機能により、ルビの適用範囲やルビの種類を画面で識別できます。環境設定でこの機能のオン/オフが可能です。

Showrubyrange

ルビの表示/非表示の切り替え

ルビ文字を記憶したまま、個々のルビの表示/非表示を個別に切り替えることができます。

初出ルビ(PROのみ)

既に振られたルビに対して、指定の出現間隔における初出のルビのみを表示し、他のルビを隠すことができます。出現間隔に応じてルビの表示/非表示を切り替えるので、ルビを振り直す必要はありません。

学年別漢字配当表対応(PROのみ)

学年別漢字配当表により、指定学年以上で習う漢字にのみルビを振ることができます。

学習辞書機能搭載(PROのみ)

ドキュメントごとに学習可能な辞書を保持できます。 辞書の項目の編集機能に加えて、ルビ修正時の自動学習、既存のルビの一括登録、外部ファイルへの書き出しと読み込みが可能で、辞書のメンテナンス機能も充実しています。 また、辞書の内容を既存のルビに反映させることができるので、自動で振ったルビを辞書の項目で一括修正することが可能です。

ルビ記法変換(PROのみ)

テキスト内にルビの指定を記述する記法をInDesignのルビに変換することができます。青空文庫の記法(|親字《ルビ》)が初期値となっていますが、区切り文字は環境設定で変更可能です。